来年は女性宇宙飛行士でドッキングを成功させる...中国の宇宙空間での技術進化に驚きの声!

来年は女性宇宙飛行士でドッキングを成功させる...中国の宇宙空間での技術進化に驚きの声! 1

なんか急速に進化してきてますよね~

このほど上空343キロの軌道上で無人実験機「天宮1号」と無人宇宙船「神舟8号」のドッキングに成功した中国ですが、まだまだ今後も続々と難易度の高い宇宙空間での実験を重ねていくつもりですよ。この勢いで来年には有人宇宙船「神舟9号」および「神舟10号」を次々と打ち上げて、宇宙空間で天宮1号とドッキングして2週間を過ごす計画なんだとか。しかもその中には同国で初となる女性宇宙飛行士による滞在プロジェクトまで含まれているみたいですね!

ちなみに米国とソビエト連邦(ロシア)に次ぐ宇宙空間でのドッキングを成功させた中国ですが、世界の各地で高い技術力に驚きと称賛の声が沸きあがってもいるようです。例えば、今回の神舟8号には、ドイツ航空宇宙センター(DLR)が実験カプセルを提供しており、後ほど再びドッキングの実験を実施した後に地上へパラシュートで帰還して回収されることになっているのですが、一連のドッキングをノーミスでスムーズに成功させた北京宇宙飛行管制センターへ賛辞が送られていますよ。

海外では、中国が軌道上でドッキング可能な技術を実証したことを受けて、独自に建設を進める宇宙ステーションの完成に向けた大きな一歩となるのみならず、いよいよ月面や火星への探査に本格的に進み出す可能性が高いとの分析まで流れています。所詮、中国なんて不確かなコピー技術を手にしているだけ...なんて侮ってばかりはいられないのかもねぇ。

BBC News

Jesus Diaz(米版/湯木進悟)