汚染されたミラノを救え! エコな森のタワーが着々と建設中。

2011.11.17 11:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20111116bosco-verticale_slide.jpg


まるで森のタワーですな。

そもそもあまり知られていないと思うんですが、オシャレな街で知られているイタリアのミラノって非常に汚染されているそうなんです。しかもイタリア一汚いと言っても過言ではないそうですよ。

このままじゃいかん! と立ち上がったのが、ステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)さんというイタリア人建築家なのです。ズバリそのプロジェクト名は「Bosco Verticale(垂直にのびる森)」で、イタリアによくあるツタに覆われた塔にインスパイアされたとか。



20111116Bosco-verticale_detail_em1.jpg


彼が思い描いたものは、箱形の森のような高くそびえるレジデンシャルで、それぞれの部屋には緑豊かなバルコニーがあります。タワーは2棟あり900本もの木を始め、たくさんの草花の植え込みを設置する予定だとか。この量の植物を平らなところに植えたとすると、10000平方メートルもの広さの森にもなるそうですよ。大都市の限られたスペースを使って森林再生を試みてるんですね。

何とまあ...。素敵じゃないですか、ステファノさん。

Harvard Design MagazineにDreamily Utopian(うっとりユートピア)と紹介されたこのプロジェクトですが、もう空想の中での話じゃないんです。先月ステファノさんはタワーの建設現場の写真を撮ってアップしてくれましたよ。

20111116BOSCOVERTICALE_od_03_detail_em.jpg

20111116BOSCOVERTICALE_od_05_detail_em2011111608-Bosco-verticale_detail


実際に化学的な観点からも、このプロジェクトは街の空気をより綺麗にしてくれると期待されていますよ。植物たちがせっせと二酸化炭素を吸収して酸素と湿度を作ってくれて、しかも放射線や騒音から住人を守ってくれるみたいなんです。しかも僕たち人間だけじゃなくて鳥やムシたちにとっても優しい環境が作られますよね。植物さん、もうあんたには頭が上がらないっす。

建設にかかるコストも典型的な超高層ビルと比べて5%高いだけ、というから驚きです。同じような問題を抱える他の大都市にもこのアイディアが広まっていけばいいですよね!


[ StefanoBoeriArchitetti.net ]

(河原田長臣)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4784509860


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

B000I0S8TW


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア