iPhoneは落としたらすぐ壊れるの前言撤回? なんと4100m上空からスカイダイビング中に落っことしたのに中身は無事...

iPhoneは落としたらすぐ壊れるの前言撤回? なんと4100m上空からスカイダイビング中に落っことしたのに中身は無事... 1

もしやバッキバキに壊れるのはスクリーンだけ?

他のAndroidスマートフォンなどと比較して、iPhoneの最大の弱点はボディーの脆さにあるなんて指摘が出てはいましたけど、必ずしもこれだけで悲観的になる必要はないのかもしれません。意外と中身の構造は思ったより堅牢だったりするのかもしれませんから...

例えば、今夏にスカイダイビング中に高度4100mの上空から見事にiPhone 4を落っことしてしまった米国ミネソタ州のマッキーニーさんは、せめて粉々になった愛用のiPhone 4を回収するだけでもいいから探しに行こうって、あの不死身のツールとも評される「iPhoneを探す」で探索の旅に出ましたとさ。そして、もうタッチスクリーンの意味をなさないまでにガラスがヒビ割れたiPhone 4を、とある建物の屋上の床面で発見したのですが、試しに友だちに電話をかけてもらったところ、なななんと着信音が鳴るわ、バイブレーションは機能するわ、ディスプレイ以外は普通に動いているではありませんか!

どうやらガラス修理だけで、あとは問題なく使えたそうですよ。この少し前に2歳の息子が家の中でiPhone 4をイタズラして落とした時は、完全に新しいモデルを手渡されて交換するしかなかったと言いますから、世の中は分からないものですよね。あっ、ただちなみに空の上から落っことしても中身は生きていたiPhone 4ですが、やっぱりプロテクトケースには入れてあったそうです。ちょっと裸族にはキツいかもですね~

CNN

Jesus Diaz(米版/湯木進悟)