USBメモリ型、たった21グラムのAndroid端末「Cotton Candy」

USBメモリ型、たった21グラムのAndroid端末「Cotton Candy」 1

世界最小のAndroid 端末になるかも。

この「Cotton Candy」はノルウェーのFXI Technologiesによって開発され、寸法は8センチ × 2.5センチで重さは21グラムと、ちょうどUSBメモリ程度のサイズです。しかしUSB2.0とHDMI出力端子を備え、CPUは Samsung Exynos ARM Dual-core 1.2GHzで、なんとGalaxy S IIと同じもの。microSDカードスロットも搭載され、通信の方はWiFi 802.11 b/g/n 、Bluetoothが利用できます。

「Cotton Candy」のプロトタイプはAndroid 2.3搭載、Windows、Mac、Linuxの仮想クライアントと同様に、Ubuntuで動作します。

このデバイスは、TV、ノートパソコン、スマートフォンなどなど、どんな端末のスクリーンからでもUSBポートから繋いで動作させることができます。画面出力の解像度はフルHD(1080p)までとなっています。WindowsやMac等のコンピューターに繋いで、Android端末として機能させるって斬新ですよね。

まだ価格は未定ですが、FXI Technologiesによれば、200ドル(約1万6000円)未満で販売したいとのこと。一番手軽で安価なAndroid端末になるかもしれませんね。

[FXI Tech via Laptop Magazine]

mayumine( ANDREW TARANTOLA 米版