10円玉を握りしめて駄菓子屋にまたいこう!

10円玉を握りしめて駄菓子屋にまたいこう! 1

エレメカブーム、復活なるか!?

10円玉をレバーで弾いてゴールに導く「新幹線ゲーム」、2、4、6、8、10、30のマス目にベットするルーレット「ピカデリーサーカス」、出た目のぶんだけ都道府県を獲っていける「国盗り合戦」などなど、駄菓子屋で子供たちがおおハマりしたエレメカの数々。その中でも後期の作品で、インベーダー時代に入ってもなお人気だった「山のぼりゲーム」が復刻されました。

エレの部分を見てみると電球LED化し、省エネかつ球切れを防ぐイマドキな仕様なのが特徴です。しかしメカの部分は1981年に登場したオリジナルを忠実に再現しているとのこと。

コインセレクターが10円/100円に合わせてあるそうなので、ロケーションによっては1プレイ100円かもしれません。それでも見かけたら1度はプレイしたいですよねー。

山のぼりゲーム[コヤマ]

駄菓子屋の定番・昭和の名作エレメカ『山のぼりゲーム』が復刻![Kotaku]

(武者良太)