ダイソン(の息子)製、37年間照らし続けるLEDランプが登場

20111218dyson.jpg

吸引力の衰えない掃除機を世に送り出したジェームズ・ダイソン。その息子、ジェイク・ダイソンは37年間照らし続けるLEDデスクランプを開発しました。ヒートシンクというテクノロジーのお陰で長い間照らし続ける事が可能。860ドル(約6万7千円)もしますが、37年使えるんだから高くない...はず?

建設機械のクレーンにインスパイアされたデザイン「CSYS LED Task Light」は、3つの軸で高さや角度を自由に調整、高い位置にあるほどより広範囲に照射され、タッチセンサーで明るさを調整できます。

20111218dyson2.jpg

衛星やマイクロプロセッサーにも利用されているヒートパイプのテクノロジーで、LEDからから発せられた熱を受け、ランプのブームアームを介してそれを散布することで劇的に電球の寿命を延ばすのだそうです。

ジェイク・ダイソンのお父さんの掃除機はブランドイメージもあって大好きだけど、息子の作ったデスクトップランプも高級っぽい感じですね。

[Jake Dyson via Chip Chick]

mayumine(ANDREW LISZEWSKI 米版