走った走った4万4000km! Googleが地震津波被災地のストビュー公開

111213Memories_for_the_Future-Street_View.png

3.11地震津波後の被災地も全部撮る

―7月に発表した約束を履行し、グーグルが4万4000kmストビューカーを走らせて撮った360度パノラマ路上写真をGoogle Mapsで公開しました。

以下は被害のひどかった女川近辺。ボトムには「Image Date: August 2011(撮影日2011年8月)」と撮影日も入るようになりました。

左のナビをいろいろ押すと風景が転回し、路面の矢印を押すとストビューカーが走った通り前後に移動できます。瓦礫の間を縫ってバスや車が走ってたり人が歩いていたり。思った以上にそのままになってる...がれき受け入れの問題もありますものね...。

 

写真は特設サイト「Build the Memory」でもご覧になれます。

トップに貼ったフォトは訳者が昔お世話になった海沿いの艇庫。ずっと気にはなっていたのですが、今初めて見ることができました。確かこの辺りだった...とズームインしていったらあまりの変わりように涙、涙...。

震災前後の写真を見比べることができる」(グーグル)ということなので、BEFOREボタン押してみたけど、見れませんでした。ストビュー導入がまだのエリアだったのかもしれませんね...。

[Google Blog]

satomi(ANDREW TARANTOLA/米版