ジョブズ氏のマネをしても部下から嫌われる嫌な上司になるだけ、その理由は?

ジョブズ氏のマネをしても部下から嫌われる嫌な上司になるだけ、その理由は? 1

理由? そんなもの簡単ですよ。

「あなたはスティーブ・ジョブズじゃないから。」です。

ジョブズ氏に憧れるビジネスマン、ジョブズ氏を師とあおぐ経営者は世界中にたくさんいるでしょう。彼の才能、彼の決意のかたさ、彼の素晴らしいマーケティング手腕! よし俺も明日からジョブズみたいに振る舞おう、それは実は自らを陥れる危険な行動なのです。ジョブズ氏の素晴らしさの裏にはたくさんの嫌なところもありました。人によっては「(天才だし素晴らしいけど)くそ野郎だ!」という人もきっといるでしょう。ジョブズ氏に憧れるマネージャー職の人が同じように振る舞おうとしても結局は「ただのくそ野郎上司!」と言われるのがオチのようです。

「スティーブ・ジョブズ」の著者ウォルター・アイザックソン氏が本の中でも触れています。ジョブズ氏の伝記をまるでマネージャー術の教科書のように思っている人が、ジョブズ氏の嫌な面をまねてはどうしようもなくなって、ただでさえ嫌な上司がさらに嫌な上司になって、手につかないくそ野郎上司現象が起きてしまい、ひいては自分の身を滅ぼしていく、と。ジョブズ氏が部下に罵倒を浴びせ泣かせたからって、それを「仕事に厳しい上司風」にただマネてもダメなのです。

ジョブズ氏が「くそ野郎」でいられたのは、くそ野郎でいられるだけの実績があったから。世界中に素晴らしい商品を広げた天才。くそ野郎でもまぁいいか、と人から許されてしまうものが彼にはあったのです。

ということで、ジョブズ氏の伝記を読んで下手にマネしようなんて思ってる人がもしいましたらちょっと考えてみてください。「くそ野郎」でも許されるくらい、あなたは頭がキレて創造性がありますか? じゃなかったら、「くそ野郎」のマネは自分にとってマイナスになるだけのようですよ。

[The Atlantic]

そうこ(Brian Barrett 米版