HP webOSがオープンソース化を発表 2012年はwebOSの年になるかも!?

HP webOSがオープンソース化を発表 2012年はwebOSの年になるかも!? 1

HPがHP webOSをオープンソース化することを発表しましたよ。

8月下旬頃にwebOS端末の開発中止を発表し、その後、TouchPadのFire saleでタブレットのシェアを一時的に急上昇させたりなんかもしてましたが、迷走の末、ようやく着地点が見えたようです。少し前までは、Oracle、HTC、Amazonなどなど、webOSに関心がある企業への売却も考えていたようですが、ここに来てオープンソース化を発表したこと...今思えば、ユーザーにとっても、webOSに関心を持っているメーカーにとっても、そして、webOSの行く末を思い悩んでいたHP自身にとっても、ここ数か月でHPが下したいくつかの決断の中では、最も素晴らしく、皆が納得できる英断ではないでしょうか。

一度は撤退を決めていたのですが、HP自身が新しいwebOS端末を発売する予定もあるそうで、早くても2013年以降という話も出ているようです。でも、オープンソース化されることで、HP以外からもwebOSを搭載したスマホやタブレットが発売される可能性もあるので、HPにはじっくりと開発してもらって他のメーカーを先導する意味でも、新しいwebOS端末をじっくり作ってもらえたらいいのかなと思ってます。

まずはTouchPad GoをOEMでも何でもいいんで、どこかのメーカーから出せるようにしてもらいたいですね。あそこまで完成させておきながら、世の中に出てこないだなんて残念すぎます。

それから、日本のメーカーやAndroid端末を開発しているけど、イマイチ目立っていないメーカーにとってwebOSを利用することは、大きなチャンスになると思いますよ。また、訴訟問題でウンザリしているHTCやSamsungといったメーカーにとっても、Androidの依存率をググっと下げることで、Appleの目を逸らすチャンスになるかも知れません。

一番早い動きとしては、Androidのスマホやタブレットで、オープンソース版のwebOSを動かす方法なんていうのも、そのうち出てくるのでしょうね。そういった方面でも、新しい選択肢が増えることは歓迎されそうですよ。ただ、今のwebOSは日本語は表示できても日本語入力ができないんですよね。まずは、日本語入力周りの機能を強化してもらいたいです。日本のwebOSデベロッパーの皆様、是非ともよろしくお願いします!

兎にも角にも、2012年はwebOSにとって、大きく飛躍できる年になるんじゃないかなとワクワクしています。ギズでも、これからのwebOSの動きはドンドン追っていきますよ。

HP to Contribute webOS to Open Source[HP]

(KENTA)