キャタピラが引っ込む水陸両用ボート「Iguana 29」(動画・写真ギャラリーあり)

キャタピラが引っ込む水陸両用ボート「Iguana 29」(動画・写真ギャラリーあり) 1

船着場がなくても平っちゃら。キャタピラで砂浜までカタカタカタカタきて、そのまま海に入って浮いたらキャタピラを船体に収納できる水陸両用ボート「Iguana 29」です。

潮の満ち干の激しいエリアでも使えるボートとして、仏Antoine Fritsch社とTanguy le Bihが設計・開発しました。

陸上移動スピードは最高時速たったの5マイル(8km)なので、移動にはやっぱりボート牽引トレーラーが要るけれど。ボートを安全に進水できる適地を探す手間は省けます。

キャタピラは前後に長いので地面にかかる圧力が分散され、人間ひとり立って足元にかかる圧力よりも小さいんです。海までの移動中、地割れも起きません。いったん水に浮かんでキャタピラをしまい込んでからは最高時速40マイル(64km)まで出まっせ。

最大10名まで快適に座れるので、水で隔離された岸と岸を結ぶ交通手段としては理想的。開発予定のハイブリッド版が出れば、ガソリンのエンジン音がうるさ過ぎる場所では電気エンジンに切り替える、なんてこともできます。就寝スペースはないので船内泊は無理ですけどねー。

無声映画みたいなデモ動画とギャラリーもどうぞ。

 

111125iguana_29_2111125iguana_29_4111125iguana_29_5

気になるお値段28万7000ドル(2210万円)... ありゃま意外とお高い... やっぱり中古ブルドーザにボート乗っけて間に合わせようかな... 沈むか...

[Iguana via Gizmag]

ANDREW LISZEWSKI(原文/satomi)