例えばMacbookの電源ケーブルに使われたらいいのに...1.5倍伸びる伸縮電線を旭化成が開発(動画)

日本のテクノロジーが海外で紹介されていたのを逆輸入してご紹介! 

USB充電ケーブルやアダプターのケーブルは微妙に短くて何となく不便...。でも日本の会社が開発した、元の長さから1.5倍に伸びるこの伸縮電線があればいろんな事が解決しそうです。

旭化成せんいによって開発された伸縮電線「ロボ電」は、様々な可能性を秘めています。バンジージャンプ用のロープのように柔軟な伸縮性があるこのケーブルは、人の体に装着するような電子機器の配線ケーブルとして、ヒューマノイドの皮膚の配線ケーブルとしてなど、ロボットや機械用の電源ケーブルに伸縮性があればもっと便利になるだろうと開発されました。

その他にも、日常使うガジェットにもこの「ロボ電」向いていると思います。例えばアップルの磁石式の電源コネクタはちょっとした拍子にすぐに外れてしまうけど、外れる前にケーブルが伸縮すればそんな心配も無くなりますよね。

本当にアップルが採用してくれたら良いのになと思います。

[DigInfo via Engadget]

[伸縮電線 「ロボ電」「ROBODEN」| 旭化成せんい・開発品]

mayumine(ANDREW LISZEWSKI 米版