どんなハイテクなものも敵わない、湯たんぽの魅力。

どんなハイテクなものも敵わない、湯たんぽの魅力。 1

もうすっかり冬って感じです。本当、毎朝、布団から出るのが苦行です。でもでも、冬だからこそ楽しめるものもありますよね!

差し込んでくるお日様にあたって日向ぼっこしてみる午後とか、寒いのにスカート履いてる女子高生の若さとか、ファーのふわふわした触感とか。

だから、寒い冬も上手に乗り切ってしまいましょう。そこでオススメなのが湯たんぽ

そう、湯たんぽ。

こいつ、できるやつですよね。温めてくれるだけじゃなく、そこそこの重さがあるから筋トレにも使えるし、冷たい水を入れたら夏も使えるし。(きっともっと活用できるはず!)

私が使っている湯たんぽはFashyのやつです。栓がきちんと閉まってもれることがないのがいいです。保温性を高めるためにウールやコットンのカバーをつけるのを推奨します。

もちろん暖をとるためならもっとハイテクなものが沢山あります。電気毛布、ホッカイロ、アンカ。最近では電気湯たんぽなんてものもありますものね。私だって、それらが偉大な製品であることは分かります。でも、なんか湯たんぽの、このローテクな感じがすごくほんわかとしていて好きなんです。

普段は、ハイテク製品大好きなんですけどね。ギークなみなさんもココだけはアナログってポイントありませんか?

JOE BROWN(原文/mio)