シベリアの凍土でマンモスの骨髄発見、マンモス復活への道筋が開けた! 

シベリアの凍土でマンモスの骨髄発見、マンモス復活への道筋が開けた!  1

マンモスを蘇らせる事ができるかもしれません。

長年科学者たちは毛の長いマンモスのクローンを作れないかと研究していましたが、ついにその一筋の光明となる発見がありました。あと5年もすれば、有史以前に有名な最大級の絶滅した獣を実際にこの目で見れるかもしれません。

近畿大学の教授とサハ共和国のマンモス博物館によって、シベリアの永久凍土から保存状態が良好なマンモスの大腿骨を発見されました。骨髄の状態はかなり良く、細胞核を培養して卵細胞にに移植、つまりマンモスの「胎児」を人工的に作ることが可能だそうです。このプロジェクトの過程では、DNAが損傷させない事が不可欠です。

研究チームは、培養した核を子宮に移植できるマンモスの母親になるゾウを募集しています。

シベリアの凍土でマンモスの骨髄発見、マンモス復活への道筋が開けた!  2

一部では、絶滅したマンモスは安らかに眠らせておくべきだと言う人もいるでしょう。しかしながらマンモスを1万年前に絶滅させたのは人間の仕業であるという説もあります。人間の狩猟が原因だとしたら、だからこそ蘇らせるべきではないかと思います。

世界中の子供達はツンドラをバイソンと一緒にさまよい歩くマンモスの姿を見てみたいと思うはず! 

[Kyodo News via Daily Mail and AFP]

mayumine(JESUS DIAZ 米版