北朝鮮が韓国を威嚇「国境のクリスマスツリーを今年も点けたら報復してやる」

北朝鮮が韓国を威嚇「国境のクリスマスツリーを今年も点けたら報復してやる」 1

「南北国境付近でクリスマスツリーをバチバチ点灯して無神論の我が国の民に布教するのはやめよ!」

という北朝鮮からのよく分からないクレームを受け、2004年からしばらく点灯を見合わせていた韓国ですが、天安沈没事件、延坪島砲撃で関係が悪化した去年からツリー風タワー1基の点灯を再開、今年はなんと東・西・真ん中の3基に増やして点灯する気満々です。

面白くないのは北朝鮮ですよね。おのれ図に乗りよって...と、政府公式ウェブ「Uriminzokkiri(わが民族同士)」で「電飾すれば不測の事態を招くだろう」と警告しました。この「不測の事態」には「心理戦の報復」も含まれている模様です。

韓国が去年点灯したクリスマスツリーは、国境から3kmの愛妓峰(Aegibong)の丘の上に建つ高さ30mのもの。その何千という楽しげな電飾は北朝鮮の開城(Kaesong)市からも見えたそうな。

昔は国境にお互い特大スピーカー設置してジャンジャン音楽流して亡命を呼びかけていたものですが、それはさすがにやめようぜってことで、2004年から中止になってます。

イルミネーションは23日から15日間やる予定。いったいどんな報復が待ち受けているというのでしょう...。

UPDATE: 金正日総書記が列車内で心筋梗塞で急逝しました。その直後日本海方面にミサイル発射したとの情報も入っています。

[BBC, Image Credit: AsiaNews.it] 関連:共同警備区域(板門店、沙頭角)

CASEY CHAN(原文/satomi)