サンフランシスコのベイブリッジをライトアップする素敵な計画が。ぜひ実現してほしいです。(動画)

1936年に作られたサンフランシスコのオークランドベイブリッジ。凝った橋が多い現在からすると、ちょっと単純すぎるような気もします。しかし、そんな風に言われるのも、もうおしまいです。アーティストのLeo Villareal2万5000個のLEDライトで橋をライトアップして橋をアイコニックなものにする計画を作りました。700万ドルあれば実現するそうですよ。

この「ベイ・ライト」プロジェクトは橋の75周年を記念して始まりました。垂直方向のケーブルに取り付けられたLEDは、それぞれを独立に制御することができ、複雑な印象を与えることができます。この点灯は2年間続きます。ライトは橋の外側につけられており、街の北東からは見る事ができますが、橋を渡っている人からは見る事ができません。デザインしたVillarealさんは「僕はこのスケールに興味があったんだよ。ここを大切な場所にすることで何が起こるかも知りたかったしね」と言っています。このアーティストはスケールが大きいものが得意なようで、エッフェル塔のライトアップなんかも手がけています。でもこのプロジェクトはエッフェル塔の7倍のプロジェクトで、実現したら彼にとっても最大のものです。

エネルギー沢山使うんだろーなーと思ってしまいますが、かかる電気代は2年間で1万1000ドルだそうです。一晩で15ドル。確かに想像したより少ないですね。しかもこの費用はClean Pathというソーラーシステムを作っている会社からの寄付でもう支払われているそうですよ。予算の700万ドルはLEDやケーブルにLEDをつけるために6ヶ月にわたる夜間の作業とか、インスタレーションそのものにかかります。

この計画が実現するためには、3月までにファンドを作る必要があります。もし、それが成功したら次の10月には動画のようにライトアップされた橋を見る事ができます。

これ素敵ですねー。ぜひぜひ実現して欲しいです。

サンフランシスコは行った事ないので、これが実現したら遊びにいってみたいです。

[The Bay Lights via Make ]

ANDREW TARANTOLA(原文/mio)