[Androidアプリレビュー]Twitterフォロアー同士なら電話番号無し&無料で通話できる『OnSay』 #TABROID

[Androidアプリレビュー]Twitterフォロアー同士なら電話番号無し&無料で通話できる『OnSay』 #TABROID 1

TABROIDより転載 : 仲の良い友達との電話代、月いくら使ってますか?

アンドロイドなどのスマートフォンパソコンなら、パケット通信回線を使えば、実は無料で通話できちゃうってこと、最近はCMなどでもやってるのでご存じの方もいるかも知れません。

考えてみれば、最近の携帯回線では動画配信までできるわけで、当然音程度のデータは余裕で送れてしまうんですよね。

それを利用した技術をVOIP(Voice over Internet Protocol)と言いまして、代表的なものとしては『Skype』があります。auの対応端末(この12月からはISフラットプラン加入が条件)と、SkypeをインストールしたスマートフォンやPC同士なら、パケット通信代のみで、通話料はかからないわけです。この他、近年人気が高いところでは『Viber』、最近CMをばんばん売っている韓国NAVER社の『Line』などが良く使用されています。

これらのVOIPサービスは無料な代わりに、通話する双方が同じアプリを入れておく必要があります(Skypeは有料で電話番号を取ったり、電話番号宛にかけることも可能)。ViberあたりはiPhoneでのユーザが結構多く、本来の電話番号を登録することで、連絡帳の中の電話番号と自動的に紐付けてくれるので、意外な人が使っていて驚いたりすることもあります。ただ、基本的には電話番号を知っていることが条件(もちろん、相手の了解があれば別途登録可能ですが)なんですね。

これに対し、普及の度合いがどんどん高まっているSNSアカウントを、電話番号の変わりのように使ってしまおう、というVOIPサービスも出てきました。世界最大のSNSであるFacebookを使ったサービスでは、『Reengo』という国産アプリでサービスが始まっています。

[Androidアプリレビュー]Twitterフォロアー同士なら電話番号無し&無料で通話できる『OnSay』 #TABROID 2

さて、前置きが長くなりました。今回紹介する『OnSay』は、Twitterのアカウントを元に、電話をかけあおうというアプリ。もちろん、通話しあうアカウントは相互フォローしている必要があります。

Twitterはその手軽さで、日本国内での主要SNS訪問者数第1位を維持(参考)しており、世界中で呟かれている言語でも、英語に次ぐ2位が日本語(参考)との報道があるなど、現在日本国内で最も人気のあるSNSの一つですので、そのユーザアカウントを使うというのは非常に理にかなっています。

OnSayは8月31日に先行してiPhone版がスタート。やっとこの11月30日に待望のアンドロイド版がリリースされました。iPhone版もリリース直後にはサーバトラブルを起こすほどの人気となっていましたので、既にユーザ数はかなり多いと思われます。

続きを読む(TABROID)>>