このピタゴラ風装置がヤバイ! 東芝のFacebook連携サイト「M/E/S/S/A/G/E」に込められた意味を探ってみた

Sponsored

111117toshiba003main.JPG

あは、ちょっと笑っちゃうくらいスゴイぞコレは。

トップの画像はすべてレゴ®のブロックで作られた街並みです。実はこれ、超クールなテクノロジー映像Facebook連携ゲームを送り出した東芝が作った「M/E/S/S/A/G/E symphonic balance of smart community」というサイト。レゴ®の街に張り巡らされたレールを、アルファベットの書かれたボールが転がって、自分が作ったメッセージをFacebook上で表現してくれるんです。

この素晴らしい街並みを手がけたのは、東京大学大学院生で日本人初のレゴ®認定プロビルダーに選ばれた三井淳平さん、レゴ®テクニック・マイスターの五十川芳仁さんという日本レゴ®界の双璧です。街並みや景観、建物の制作は三井さんが、動く装置、ボールの転がるレールは五十川さんが手がけられたとか。

今回は、このサイトの使い方の紹介から、街並みに込められた意味まで探っちゃいます!

実際にメッセージを作ってみよう!

111117toshiba003-01.jpg

まずはM/E/S/S/A/G/E symphonic balance of smart communityのページにアクセス。そこで「START」をクリックしましょう。そのあと「CONNECT!!」をクリック。Facebookのアカウントが必要なので、持っていない人はぜひこの機会に作っちゃいましょ。

111117toshiba003-03-02.JPG

Facebookとの連携を確認するポップアップウインドウが立ち上がるので、あとは「ログイン」→「許可する」をクリックするだけです。

111117toshiba003-05.jpg

連携が終了すれば、文字入力の画面に移行します。ここで好きなメッセージを入力できます。入力できる文字数は9文字まで。「GIZMODO!!」と入力してみましたよ。文字がコロコロ転がってくるのがカワイイです。

111117toshiba003-06.JPG

入力が終わって「OK」をクリックするとボールが運ばれるムービーが流れて、上の画像のような完成画面が表示されます。このムービーが「M/E/S/S/A/G/E」の真骨頂! その詳しい内容は記事の後半で。ちなみに、メッセージの一番最後にはFacebookのプロフィール写真が入ったボールが付いてきます。顔のアップにしておけばよかったとちょっと後悔しました。

111117toshiba003-07.jpg

完成したメッセージは、画像としてFacebookにアップロードできます。「Upload this picture!!」をクリックしましょう。また、この画面からはリトライしたり、よりスマートコミュニティを詳しく紹介しているページに飛んだりすることができます。

111117toshiba003-08.jpg

アップロードした画像は、Facebook上で友達とシェアすることもできます。あなたならどんなメッセージをシェアしますか?

レゴ®の街の謎を解いてみよう!

111117toshiba003_lego01.JPG

文字を入力すると流れるムービー。見ているだけで心が躍るんですが、よく見てみると深い意味がありそうです。そこでここからは謎解きタイ~ム! 編集部が勝手に想像して映像に込められた意味を探ってみます。まず気になるのが、ボールの色と出てくる場所との関係。上のように赤いボールが出てくる工場のようなところは、どうやら火力発電所のようです。

111117toshiba003_lego02.jpg

そうすると、街並みの中でも目を引く風車は風力発電所ですかね。緑色のボールを送り出しながら気持ち良さそうにまわっている風車を見ると、レゴ®なのに海風を感じるような気がするから不思議です。

111117toshiba003_lego03.JPG

山あいにあるこれはダムですね。ということは水力発電所! クルクルとまわって上がっていく青いボール。どういう構造になってるんだろ? スゴイです。

111117toshiba003_lego04.JPG

かわいらしい家から飛び出して行くのは白いボール。ははーん、これは屋根を見てピンときました。太陽光発電ですね。この街には、一軒家のほかにもマンション、ビルなどいたるところに太陽光パネルが設置されています。うーん、先進的!

111117toshiba003_lego05.JPG

と、ここまで順調に謎解き(?)していたのですが、この黄色いボールだけちょっと自信なし... 近くに太陽光パネルがあるけど、太陽光発電は白いボールっぽいですし。「黄色=土の色」って連想すると、地熱発電かな?とも思うのですが、みなさんはどうですか?

111117toshiba003_lego06.JPG

そして、各色のボールが一カ所に集まって選別され、さらに住宅やビル、病院、空港といったところに送り出されています。なるほど、各色のボールは電気を表していて、一度集められた電気を再配分しているというわけか。ふむふむ。

ということは、最近よく耳にする「スマートグリッド」ですね、これは。送配電網にネットワーク機能を持たせることで、さまざまな電力を組み合わせて無駄をなくし、効率よく電力を届けるという例のアレです。つまり、レゴ®でできたこの街並みは、電力をはじめ、水、交通、医療などのインフラがネットワークで結ばれることで、環境への配慮と快適な生活の両立を目指す「スマートコミュニティ」を表現したものなんですね。

M/E/S/S/A/G/E symphonic balance of smart communityは、メッセージを作るだけでももちろんおもしろいのですが、そこに込められた意味を考えながらやってみるとより楽しめると思いますよ。

M/E/S/S/A/G/E symphonic balance of smart community[東芝]

(松葉信彦)