2012年、ガジェット生活を快適に送るための7つのポイント

2012年、ガジェット生活を快適に送るための7つのポイント 1

さあ、お正月ボケもそろそろ直して、いい加減2012年と向き合いましょうか。

2012年はタバコやチキンナゲットからおさらばする!というのも良いけれど、ギズ的に2012年、これだけはちゃんとやっておこう!な7つのリストをご紹介します。

コンピューターは定期的にバックアップしよう

このTO DOから逃げてはいけません。バックアップ用のハードドライブを手に入れるなり、Mozyなど自動的にクラウドにバックアップしてくれるサービスを利用したり、また古風な方はDVDにデータを焼いておくなりしておきましょう。

ハードドライブの悲劇」に備え、必要だと思う全てのデータを取得しどこでも良いので保存しておくことが大切です。ブッシュ政権以来バックアップなんてした事無いなんて論外です。ファイル転送は、毎月でも、毎週でも、毎日でも、定期的に行うように設定しておきましょう。

ぐちゃぐちゃになったコードを解きほぐそう

TVの裏を見てみてください。誰も見てないからって、さすがにひどくないですか? ケーブル箱から何か探そうとした時に、全然整理されていない、ぐっちゃぐっちゃなケーブルの山から電源ケーブルやHDMIケーブルを発掘するのは面倒臭すぎます。2012年はこのネズミの巣のような状態を解き放ちましょう。デスクトップ周り、ホームシアター、バッグの中...などきちんと整理しましょう。小さいノートパソコンの電源コードなんて、30秒で解けますよ。

バッテリーを節約しよう

バッテリー、それはまるで人生そのもの。有限で、年をとる度にどんどん衰えていく。充電可能なお友達には優しく接し、バッテリー電源を賢く使いましょう。Wi-Fiネットワークに接続していないなら、スマートフォンのWi-Fiは切っておく。Bluetoothだってそんなに必要じゃないですよね。これも切っておきましょう。スクリーンをそんなに明るくしておく必要はないですよね。これも調節しておきましょう。スマートフォンやコンピューター、タブレットを合理的に扱ってあげることで、寿命は長持ちします。

必要のない、どうでも良いアプリを買うのはやめよう

Flashlight Deluxe、Shopping Cart Finder、Yogurt Guide 4などなど。たまたま見つけた無料のゲーム。ほとんどのアプリが無料だったり1ドル程度で簡単に手に入れられるけど、絶対使わないアプリのせいで、スマートフォンを徐々に重くしていくのです。通過コンバーターアプリなんていつ使う? 一生使わない人がほとんどじゃないでしょうか。アプリマーケットをうろつくのは止めて、必要最低限のアプリだけに絞りましょう。

Netflixで借りた映画は返しましょう

(Netflixはアメリカのサービスなので、日本の皆さんはほとんど関係ないお話ですが)ゴッド・ファーザーパート2のブルーレイディスク、5ヶ月間放置しちゃってません? ストリーム配信がリッチになってきたおかげで、ディスクの方をついつい放置してしまいがちですが、物理的メディアにお金を払うならちゃんと取り扱ってくださいね。もしくは、ディスクにそんなに腐心しないのなら、購読の手段を考え直したほうが良いと思います。

Facebookのプライバシー設定に取り組もう

Facebookのプライバシー設定だって、まさに人生そのもので、昔から複雑で、わけがわからなくて、もういい加減にしてくれという感じ。最近のFacebookの設定も完璧ではありませんが、一度設定をして以来、またいつの間にか意図しないものに設定が変わっている可能性もあります。自分の設定が「公開」になっていないか今一度チェックし、大学の写真アルバムから同僚をブロックしておきましょう。

親孝行しよう

母親が未だにAOLのEメールアカウントを使っているのは親の責任ではなくあなたの責任。ちゃんといろいろ教えてあげましょうね。

mayumine(SAM BIDDLE/原文