まったく痛みを感じない未来の虫歯治療法、ヨーロッパから世界展開へ!

まったく痛みを感じない未来の虫歯治療法、ヨーロッパから世界展開へ! 1


歯医者さんに行く恐怖が消える!

虫歯になってしまった時、あの歯医者でキーンと歯を削られちゃうのを想像するだけでガタガタと震えてしまうって人は少なくないと思うんですけど、英国リーズ大学の化学高等学院で、数年以内の導入を目指して進められている新研究の技術が、そんな虫歯治療の恐怖を完全に取り去ってくれるかもしれませんよ。

ペプチド(P11-4)を活用する新治療法では、この液体を虫歯の治療ポイントに塗ることで、カルシウムを呼び込むジェルが形成され、そのまま自然な歯の再生へとつながっていくと説明されています。すでに大人の患者を対象に、同技術を用いたテスト治療が行なわれて、虫歯の早期発見治療時には非常に効果的であることが実証されたんだとか。スイスのスタートアップ企業が、一連の研究プロジェクトへ資金援助を行ない、これから世界各地の歯科医師にライセンス提供を進めていくそうですよ。

外科的な治療プロセスを一切伴わない、完全にナチュラルで、痛みとも無縁の治療法が実現することになります。多くの人々が歯医者を敬遠する主な理由は恐れの気持ちにありますが、ドリルなどを決して使わないこの治療法が実際に提供されるようになれば、虫歯の治療は怖くて痛いという概念そのものを根底から変えられるようになるでしょう。

そんなうれしい発表声明もリーズ大学からは出されていますよ。これはぜひ日本国内の歯医者さんにもいち早く取り入れてほしい新技術ですよね。

GizMag

Kelly(米版/湯木進悟)