[ #CES2012 ]FUJIFILM X-Pro1ハンズオン!

[ #CES2012 ]FUJIFILM X-Pro1ハンズオン!  1

ますます触りたくなるねぇー!

X100のUIがだいぶ煩雑だったのと比べて、X-Pro1は予想されていた以上に洗練されていて操作はすごく簡単なようですよ。これは嬉しいですねー。個人的にはX100と同じですが、絞りの設定がレンズに搭載された絞りリングで、シャッタースピードが本体上部にあるダイアルで設定可能と、直感的に操作できるというのがやっぱりたまらないですね。

ただ、レンズ交換式カメラの多くに搭載されているモード変更ダイアルがないんですよね。ということはどうやって絞り優先モードやシャッタースピード優先モードにするの?

これも簡単で、絞り優先モードにしたい時はシャッタースピードダイアルを「A」に、またシャッタースピード優先モードにしたい時はレンズの絞りリングを「A」にすることで可能ですよ。ね、簡単でしょ?

ただこのカメラには、最近のカメラに多く搭載されている「ボケモード」など、ユーザがどんな写真が撮れるか一目で分かる様な機能は搭載されていないんです。好みは分かれそうですが、「写真を撮る楽しみ」というのを再発見させてくれそうなカメラですね。

そしてX100にも搭載されている目玉機能の一つであるハイブリッド・ビューファインダーですがX-Pro1にも搭載されましたよ。ボタン一つでビューファインダーとLCDを切り替えることができるのはもちろん、写真を撮る際に設定項目もビューファインダー内で確認出来ちゃうのがいいですよねー。

一つだけウィークポイントを挙げるとすれば、オートフォーカスが他のカメラと比べて遅いところでしょうか。米ギズのマリオが触ったのは試作機だったようですが、この問題は製品版でも恐らく見られるとのこと。今まで速いオートフォカスに慣れていた人には大き過ぎる問題ですね。この際マニュアルフォーカス使いにシフトしちゃいます?

それでもやっぱりローパスフィルターを持たないAPS-Cサイズのセンサーの描写力には期待が持てますよね。発売時期は2月下旬でブース内にいたスタッフによるとボディーの価格は1700ドル(約130,000円)、レンズキットは2400ドル(約182,000円)になるそうですよ。

20120112fuji220120112fuji320120112fuji4

MARIO AGUILAR(米版/河原田長臣)