iBooks Authorで5分で電子書籍を作る(動画)

5分ですよ、5分!

動画を見てもわかる通り、今までKeynoteやPagesを使ったことがある人ならばすぐにでも使いこなせるでしょう。5分で書籍できた! と言っても、たった3ページだけの本なのですけれどね。しかし、デモとして使い勝手を紹介する、自分で練習にやってみるなら十分な時間ですよね。

iWorksユーザーならば、難なく使いこなせると思いますが、メインターゲットである先生方iWorks未体験ユーザーのために、テンプレートがいくつか準備されています。テンプレを自分の文章に張り替え、写真や動画をドラッグして張りつけ大きさを調整。メディアの大きさを帰ると、その周りの文字も自動で回り込みが変更されます。レイアウトのバランスが気になる人のために、メディア移動時には中心線等のガイドが表示されます。カスタマイズをしたいユーザーは、JavaScriptHTML5を使えば、自由自在に自分の好きなように本を作成することもできます。

1つ残念なのは、アニメーションGIFに対応していないということ。アニメーションGIF、教科書に向いていると思うのですがねぇ。

作った電子書籍は、iPad上でプレビューが可能。出版にはiTunes ConnectのアカウントとiTunes Producerのダウンロードが必要になります。iBooks Authorで作る事ができるのは、何も教科書に限ったことではありません。誰もが自由に好きな本を作ることができるのです。

さて、このiBooks Authorあまりの気軽さから、質の低い教科書が大量にでてくるのではないかという懸念の声もあります。アプリ同様、誰がチェックするのかという疑問の声もあります。

この夢の様なアプリの登場によって、デジタル出版業界がどのように変わっていくのかも注目ですね。

Music Credit: "Rail Star Mode" by Spartak

そうこ(ADRIAN COVERT 米版