真似したらダメですよ...iPad 2を購入後、中身を粘土に差し替えながら未開封品を装い返品する手口が多発!

真似したらダメですよ...iPad 2を購入後、中身を粘土に差し替えながら未開封品を装い返品する手口が多発! 1

確かめずに再販しちゃう店側の対応もどうなんでしょう?

せっかく決心して購入した新品の「iPad 2」を家に持ち帰って開封したら、なんと中には白い粘土しか入ってなかった...なんて悪い冗談でしかありませんよね! でも、このところカナダの家電量販店などでiPad 2を購入した人から、そんな苦情が相次いでいるみたいですよ。すでに20件以上の被害が連続して報告されており、あまりのショックに店のほうでも対応に困っているんだとか。

どうやらiPad 2を購入後、うまく中身を取り出しては粘土に差し替えてから、そのまま見事に再び新品同様にパッケージを包み直し、まるで購入して1度も開封していない状態を装っては返品する手口が繰り返されたようで、返品を受け付けた店側も、どう見ても未開封新品のままにしか見えないので、そのまま再び店頭で新品として販売しちゃったとのことですね。

この事件が悲劇的なところは、何も知らずに粘土に差し替えられたiPad 2を購入した人が、逆に店に苦情を申し立てても疑われてしまい、一切返金にも応じないと突き返されてしまうケースが少なくないことにあります。そう言えば、購入した新品の「MacBook Pro」の箱の中から赤レンガしか出てこなかった可哀相なユーザーは、結局その後ちゃんとお金を返してもらえたんでしょうかね? 高価な買い物をする時は、必ず店頭で箱の中身まで確認するのに越したことはないですよ~

CTV News via The Verge

Jamie Condliffe(米版/湯木進悟)