東大地震研、M7級首都直下地震が70%の確率で4年内に発生すると発表

東大地震研、M7級首都直下地震が70%の確率で4年内に発生すると発表 1

日頃から防災意識を。

東京大学地震研究所の研究チームが、マグニチュード7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するとの試算を発表しました。一方、政府の地震調査研究推進本部の評価は30年以内に70%程度とのこと。

東日本大震災のあと地震活動が活発化しています。気象庁の観測では昨年12月までにM3~M6の地震が平均で1日に1.48回発生しているそうです。これは震災前の約5倍の数値。

日頃から防災意識をもつに越したことはありませんので、万が一の時のために、避難場所の確認をしたり、防災知識を学ぶなど心がけましょう。また、もし大地震が起きた場合、海に近い地域に住んでいる方は直ぐに高台へ避難し、どれだけ大切なものを家に残してきたとしても、地震の後しばらくは絶対取りに戻ってはなりません。

まずは地震がおきないことを心から祈るばかりです。

※初出時から冒頭画像を差し替えました。

M7級首都直下地震、4年内70%...東大地震研 [Yahoo!ニュース]

【東北関東大震災】海外メディアが撮影した写真がキツすぎる・・・ [暇人\(^o^)/速報]

(西條鉄太郎)