凹んだらホール&オーツ緊急ホットラインに電話! 米国でバイラルヒット中(動画あり)

凹んだらホール&オーツ緊急ホットラインに電話! 米国でバイラルヒット中(動画あり) 1

年末年始はシャンペン、クラッカー、ジングルベルのにぎわいとは裏腹に不幸と孤独が身に染みる季節でもあります。

「友だちがみんな実家帰ってアパートにひとり...」

「帰省すると実家にまたなんか言われる...」

「懐が寂しいよ...」

―そんな滅入るときはホールさんとオーツさんがいまっせ! 

なんか知らんけど、この80年代ソングは元気出ます。最近の映画『You Again』でもドタバタコメディーのエンディングで流れて甘酸っぱいカタルシス~♪でしたけど、なんとアメリカでは暮れの欝シーズンに備え、落ち込んだ時に電話1本で全米どこからでもホール・アンド・オーツの歌が聴ける緊急ホットラインが先月開設となり、たいそうな人気なのです!

ホットラインっていうのは、まあ、命の電話みたいなものですね。それがホール・アンド・オーツなんです、はい。まあ、これ聞いて元気出せや、と。

つくったのは、サンフランシスコのスタートアップ「Twilio」のMichael Selvidgeさんと高校時代の同級生Reid Butlerさん。新入社員は全員アプリつくらなきゃならない会社なんですが、何も思いつかなかったのでこれをつくったらバイラルヒット。初日だけで34,223件リクエストが殺到したのです。今の時代、何が流行るか分からないね。

電話番号は「719-26-OATES(719-266-2837)」で、そこにかけると往年のホール・アンド・オーツ栄光のヒットソングが4つ出てきて、ひとつ番号を選ぶとジュークボックスみたいに歌が流れます。

「The Emergency Hall and Oates Hotline」収蔵曲は以下の通り。

1を押すと「One on One」。

 2番を押すと「Rich Girl」。

3番を押すと「Maneater」。

4番を押すと「Private Eyes」。

なんかわかるな、うん。

[Slate, The Verge]

satomi(ROBERTO BALDWIN/米版