アメリカにある木全てを書き込んだ木の地図

アメリカにある木全てを書き込んだ木の地図 1

人間に必要なもの、酸素。その酸素をつくり出すもの、木。

Woods Hole Research CenterのJosef Kellndorfer氏とWayne Walker氏が、ナショナル ジオグラフィック調査と米国林野局と協力して米国内の木をマッピングしました。宇宙からレーダーで見たデータ、サテライトセンサーのデータ、コンピューターモデルのデータ、さらには人力で木の数を数えたデータと、実に多方面からのデータを使いミックスして作られた木の地図が上の画像です。

この地図が示すのは、木から得られる米国でのエネルギー資源の量。4ピクセルが1エーカー(約4047平方メートル)10ピクセルが1ヘクタール(1万平方メートル)のマップです。

こうして資源を可視化して突きつけられると、うぅむ、と思ってしまいます。こんなにあるのかと思いつつも、これっぽちなのかと不安になりますよね。

[NASA Earth Observatory via Business Insider via Geekosystem]

そうこ(ANDREW TARANTOLA 米版