世界水草レイアウトコンテストのグランプリ作品が美しすぎる!

世界水草レイアウトコンテストのグランプリ作品が美しすぎる! 1

神秘的な森の絵...ではありません。実はこれ、全部水草で出来ているんです。そう、水の中で生きているあのお馴染みの水草です。

まるで絵や写真のように美しく形づくられたこの水草は、「世界水草レイアウトコンテスト」の2011年 第11回グランプリに選ばれた作品で、タイトルは「繊細な世界」。作者はベトナムのロン・トラン・ホアンさんです。世界水草レイアウトコンテストとは水草を使って水槽の中に幻想的な世界を作り出すコンテスト。2001年から毎年開催されており、第1回から第3回までは日本人アーティストがグランプリに輝いています。

過去のグランプリ作品で個人的に良いなぁと思ったのは、

世界水草レイアウトコンテストのグランプリ作品が美しすぎる! 2

2001年 第1回グランプリの「リトルネグロ」。作者は町田充弘さん。オレンジの背景がアクセントになっていて、ちょっとノスタルジックな気持ちに浸れます。

世界水草レイアウトコンテストのグランプリ作品が美しすぎる! 3

2005年 第5回グランプリの「奇峯林立」。作者は台湾のチェン・デカンさん。水槽の中とは思えないほどの雄大な大自然に脱帽です!

世界水草レイアウトコンテストのグランプリ作品が美しすぎる! 4

2010年 第10回グランプリの「森の香り」。作者はロシアのパベル・バウティーンさん。本当に森に見えるのはすごい! 何だかちょっと怖さすら感じる雰囲気にも惹かれます。

どれも本当に素晴らしい作品ばかり! 今年はどんな作品がグランプリに輝くのでしょうか。楽しみですね。

[世界水草レイアウトコンテスト過去のグランプリ作品]

(山田井ユウキ)