[ #CES2012 ]大絶賛! Windows 8に初タッチ!(動画)

第一声は「これが本当にWindows?

MicrosoftのMetroユーザーインターフェースには驚き。これぞ新デザイン。もちろん、「今までこんなの見たことない!目玉が飛び出ちゃう!」という新デザインではないかもしれませんが、「未来」「より良いデザイン」という意味では間違いなく新デザインです。これから数年の人々コンピューターの使い方を変えるかも。

来月にWindows 8のベータ版がリリース予定。故に、CESの会場にあるのはプリベータ版なのですが、すでに完成品レベル。Windowsの再発想です。Microsoftが今まで取り組んだなかで最も野心的なインターフェースです。そしてそのインターフェースMetro UIはすでにMicrosoftの未来を担うDNAの一部。つまり、Microsoftがこれから人々にどのようにWindowsを使って欲しいと思っているか、それがWindows 8のMetroインターフェース。Windows新時代の幕開けです。

【ソフトの動き方】

ソフト終了はアイコン(タイル)を下にドラッグするだけ。と言っても、そんな頻繁に終了させる必要もないかもしれません。最近のスマートフォンOSに見られるように、使用中のソフトから1度離れると裏で動いている状態になります。再度そのソフトに戻ってくると、離れた時の状態からスタート。また、システムが必要と判断すれば、裏で動いているソフトは終了されます。iOSやAndroid、Windows Phoneと同じ仕組みですね。

【独自のジェスチャー】

例えば、iOSやAndroidでアイコンを他のページに移動させたい時、アイコンに長触れしてドラッグ、次ページにスライドしますよね。Win 8のジェスチャーはマルチタッチ(動画参照)移動したいアイコン(タイル)をちょっとスワイプさせ、別の指でページをくって次ページまで持って行きます。

【親指】

Win 8を使う鍵となるのは親指。ユーザーエクスペリエンスデザイン&サーチのディレクターであるSam Moreau氏曰く、スタートボタンの位置は実に計算されたものだと言います。自然に親指が置かれる位置、そこにスタートボタンがあります。アプリを使おうが、検索しようが、スタートボタンは常にWin 8にとってコアなパートになるでしょう。

【アプリ】

アプリの見やすさにも気が配られています。アプリはどんどん増えていきます、するとスクロールするページもどんどん増えていくの? いいえ、Win 8にはセンマンティック・ズームという機能があります。この機能を使うと、アプリをメタデータによって分類されたグループにして見せてくれるのです。これなら、たくさんアプリをいれても、お目当てのアプリを探すのがいくぶんか楽になりそうです。

【タッチスクリーンじゃない場合】

タッチスクリーン端末でのWin 8の魅力はわかってきました。では、非タッチスクリーンで使う場合はどうでしょう。そこはMicrosoft、タッチUIを実に上手くキーボードとマウスに変換させる動きをちゃんと考えていました。マウスホイールでページ間の移動は楽々、キーボードをタイプすればすぐに検索、センマンティック・ズームはアイコン(タイル)を下方向にちょいとドラッグさせるだけ。

プリベータ版、しかしかなり完成品に近い使い心地。人々にとって(少なくともギークにとっては)毎日使えるOS=ストレスフリーの使い易いOSになる予感がします。

そうこ(MATT BUCHANAN 米版