子供におやつをあげないマシン、Intelが開発

子供におやつをあげないマシン、Intelが開発 1

子供の頃、スーパーでプリンやゼリーの試食が出ていると、えげつなく何回も食べたりしたものです。が、このマシンにはそんな子供をはね返す武器があります。

このマシンはKraftの大人向けデザート「Jell-O Temptations」のサンプルを出してくれるマシンです。ただし、大人にしかくれません。マシンに備えられた顔認識機能で近づいた人の年齢をチェックして、相手が子供だと判定すると、「お子様お断り」とばかりにシャットダウンしてしまって、マシンから離れるようにと冷たく言い放ちます。

このシステムを開発したのはIntelで、顔のデータ、たとえば目の大きさや両目の距離といった情報を使って年齢を判定します。さらに性別や、サンプルが出てきたときに笑顔になったかどうかまでチェックしています。ただし画像を撮ったり保存したりはしていません。

童顔に見られがちな日本人は、サンプルをもらえるんでしょうか? ちょっと心配です。

[USAToday via Eater]

Lily Newman(原文/miho)