WikipediaがSOPAへの抗議として、18日に一時的にサービスを停止(追記あり)

WikipediaがSOPAへの抗議として、18日に一時的にサービスを停止(追記あり) 1

インターネットのことは、インターネットで抗議する。

Wikipediaが、現在米国議会で審議中の著作権保護法案SOPA(Stop Online Piracy Act)とPIPA(Protect IP Act)への抗議としてサービスを一時停止することを発表しました。停止するのは英語版Wikipediaのみで、停止期間は1月18日の24時間。停止期間中は、「The Internet Must Remain Free(インターネットは自由な場であるべきだ)」と書かれた特別ページが表示される予定。Wikipediaの他にも、RedditやMinecraft等多くの米国人気サイトが18日に抗議を起こすことをすでに表明しており、運動が大きなものとなっています。

SOPAはオンライン海賊行為防止法案で、映画業界や音楽業界等からは歓迎されています。しかし、一方ネット業界はインターネットを検問するようなものだ、技術を制約することになる、と猛反対の姿勢。ホワイトハウスも表現の自由やサイバーセキュリティの問題、革新的なネット技術の発展をあげ、この法案に懸念を示しています。

ネットと著作権の戦いは長く続きそうですが、明日の抗議運動はネット業界が非常に大きいアクションで、政府にそして一般ユーザーにも強いメッセージを発することになりそうです。

(追記)

GoogleもトップページでSOPAに抗議する予定だそうです。サービスを停止するというわけではないですが、Googleのトップページの影響力は大きいでしょうね。

[Tech Radar - TechCrunch - House Oversight Committee]

そうこ(ANDREW TARANTOLA 米版