2012年はどんなガジェットが流行るのか、ギズの中で話し合ってみた

2012年はどんなガジェットが流行るのか、ギズの中で話し合ってみた 1

見える...見えるぞ。僕にも未来が見える! なんて風にはいかないんですけどね。

Facebookでしょ、スマホ、ミラーレス一眼... あ、これ2011年に流行ったものなんですけど、年が明けてからギズのメンバーで「2012年に流行るものはなんだろう?」って考えたことがあったんですよ。いろーんな話が出ましてね。せっかくなので、今日はその場でとくにメンバーの支持を集めた3つをご紹介しますね。

Kinect for Windows

2012年はどんなガジェットが流行るのか、ギズの中で話し合ってみた 2

最初に支持を集めたのは、ギズで翻訳をしてくれているmihoさんが挙げてくれたKinect for Windows。Xbox 360用のものは前からありましたけど、Kinect for Windowsのセンサーの発売とSDKの公開はついこの間でした。これから世界中のデベロッパーが開発を進めて、どんどんいろんな利用法が出てくるというタイミングなんです。

Windowsで使えるとなれば最初に思いつくのは日常業務で使うことの多いOfficeとの連携で、mihoさんが挙げてくれたのは、Kinectのセンサーを使えば書類作成の途中、まばたきで上書き保存することで保存のし忘れがなくなったり、PowerPointのプレゼンテーションの時にジェスチャでページ送りができたりというもの。他のメンバーからも席を立ったときに自動でスリープになったりするといいとか、いろんな使い方がどんどん思い浮かびましたよ。YouTubeにKinectの夢が広がるビデオがあったので貼っておきます。2012年、Kinect for Windows、来ますね。

ロボット掃除機

2012年はどんなガジェットが流行るのか、ギズの中で話し合ってみた 3

「ルンバが下に入り込んで掃除可能な家具を『ルンバブルな家具』と呼ぶこともある」というほど、すでにロボット掃除機の代名詞的な立ち位置にあるロボット掃除機のルンバ。ですが、去年そこに東芝が参入しましたよね。「確かにロボット掃除機って便利そうだから気になってるんだよね」という声も多くある中、今年もさらにいろんなところの参入が進んで、このカテゴリーが盛り上がるのでは? と挙げてくれたのは、ギズ編集部員の松葉さん。他のメンバーからは「お掃除メイドロボを所望する!」なんていう未来すぎる発言や、「まだサイズが大きいから隅のところとか、家具の足の周りが綺麗になるのか不安。もっと小さくて小回りのきくロボット掃除機が欲しい」という声も。性能と信頼性が鍵を握っていそうですが、そこがクリアされれば一気に大ヒットという可能性もあるかもしれませんね。ロボット掃除機、2012年くるわー。

音声認識技術

2012年はどんなガジェットが流行るのか、ギズの中で話し合ってみた 4

3つ目は音声認識技術が支持を集めましたよ。その中でも注目は日本語対応が3月にも実現するという噂もあるアップルの「Siri」。挙げてくれたギズ編集部員の長谷さんは「Siriは命令じゃなくて、Siriと会話をしているように自然に認識してくれている」と、これまでの機械的な音声認識よりも1歩進んだところに未来を感じているとのことでした。そのほかにも「音声認識は中の人の声も気になる」という話や、「日本語に対応しても実際使うの?」なんて声もあったりして、2012年、確実に1つの話題にはなりそうな感じはありますね。アップルが開発中のテレビ「iTV」にSiriが搭載されるなんて噂もありますし、これは2012年、来ますよ、音声認識。

今回ギズのメンバーの中で支持を集めたのはこの3つでしたが、みなさんの予想はどうですか? もちろん、ほかにもAndroid 4.0とか電子書籍という本命路線のものから、LED電球電気自動車・プラグインハイブリッドといったところまで、大いに話が盛り上がりましたよ。

2012年は何が流行るのかなぁ。年末になってこの予想がハズれてても「2月にギズが言ってたの全然違うしwww」とかいじめないでくださいね...。

※今回のこの話はSpigit(スピギット)というSaaS型のツールを使って行いました。

Spigit](英語)

Spigit - 紹介ムービー](日本語)

(鈴木康太)

2012年はどんなガジェットが流行るのか、ギズの中で話し合ってみた 5