3Dプリントで作成した入れ歯で、ご飯が再び美味しく食べられるようになった女性(83歳)

2012.02.13 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

201202073dprintedjaw.jpg


3Dプリンターの使用分野は実に多方面!

美味しくご飯を食べるというのは、人として生きていく上でとても重要だと思うのです。食事は、生きる楽しみの1つですもの。

昨年、83歳の女性が下の歯全てを3Dプリントで作成された総入れ歯に入れ替えるという手術を受けていました。手術はベルギーのハッセルト大学の医師数名によって行われ、ひどく痛んでいた下あごを、チタニウムとバイオセラミックで作られた3Dプリントのものに丸ごとそう入れ替えしました。入れ歯はチタニウムをレーザーで焼結して作られたものに、体組織に順応できるようにセラミックでコーティングして作成。本来の下あごよりも1オンス(約28.3グラム)重い3.7オンス(約104グラム)です。
下あご総入れ替えの手術は簡単なものではなく、患者の女性の年齢を考えてもリスクを伴うものでした。しかし、術後は女性の体調も良好で今回の手術は大成功だったと言えます。

3Dプリンターはプロダクト工場やクリエイティブの現場だけでなく医療の面でも確実に大きな役割を担ってきています。果たして人間はどこまで体の代わりを作ることができるのでしょうか。

技術の進歩は人の在り方を変えるんだ。


[3ders via BoingBoing]
Image: De Pers

そうこ(JAMIE CONDLIFFE 米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B004CLYUP4


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

B003ZHUD70


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア