700ccクラスで64万円から! ホンダの世界戦略車「NC700X」は2月24日発売(ギャラリーあり)

120218-IMG_1887_R_R.JPG

メットインなんだ! そして給油口タンデムシートの下にありました。

青山にあるHondaウエルカムプラザ青山に、ホンダの新型バイク「NC700X」が展示されたと聞いたので行ってきました。アップライトなポジションに、ペリカンのようなフロントカウル。いわゆるアドベンチャツアラーのポジションとなるのでしょう。

この分野はBMWのR1200GS(209万円~)を頂点として、ドゥカティのMultistrada1200(185万円~)、トライアンフのTIGER800(114万円~)などの名だたる名将がそろい踏み。対してホンダは、ホンダならではの信頼感と価格の安さで勝負をかけてきたようです。

だってお値段、64万9950円ですよ。ABS搭載モデルでも69万9300円。参考までに21世紀現在のジャパニーズスタンダードCB400 SUPER FOURは71万9250円です。

 

唸れるポイントはまだあります。燃費もいいんです。なんと1リットルで41kmも走ります。ゴーストップの多い市街地はさておき、幹線道路や高速道路なら実測でも30km/lは超えそう。

車両重量214kg(ABSモデルは218kg)でパワーは50ps、トルクが6.2kgf。50馬力って400ccより低いのかよ!と思う方はこちらをご覧ください。

雨の日の撮影でコレもんですもん。十分でしょう。

120218-IMG_1880_R_R120218-IMG_1883_R_R120218-IMG_1884_R_R120218-IMG_1889_R_R120218-IMG_1891_R_R120218-IMG_1893_R_R120218-IMG_1895_R_R

さっそくまたがってみましたが、173cmの僕で片足はべったり両足をつこうとするとつま先全体が接地します。大柄に見えますし、スペック上のシート高は830mmですが、着座部の絞り込みが効いているのか、意外にも足つきは良かったです。

ハンドルは広め。とはいってもTIGER800ほど"広すぎるため前傾を余儀なくされる"ほどではありません。フツーにシートに座って手を伸ばしたところにグリップがあります。やはり日本人の体型に合うのは日本のバイクなんですね。

ところで昨今の旅バイクに必要なブツが足りません。そうですトップ&サイドケースです。展示はされていませんでしたが、パーツカタログを見るとヘプコ&ベッカーのステーが出るようです。

120218-IMG_1899_R120218-IMG_1900_R120218-IMG_1903_R

お金持ちならぜひともリモワ製ALU EXCLUSIVを揃えてほしいところ。それでもステー(5万5650円)とケース(16万8000円)、車両本体合わせて100万円行きません。びっくりですよ。

だからといってカウルの塗装は厚めで立派。コストダウンの結果こうなりました、ではなく、安くていいものを集めてここまで作りこみました、な印象が強い1台でした。

個人的にも、CRF250Lよりも欲しくなってきました。試乗会いかなくちゃ!

※編注:1ヶ所誤字を修正致しました。ご指摘ありがとうございました。

Honda ウエルカムプラザ青山|新型ロードバイク「NC700X」展示[ホンダ]

(武者良太)