アップルの工場Foxconn内部を米ABCが初取材(動画&訳)

2012.02.24 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


iPadで苦情処理というのは知らなかった...


ディズニー子会社ABCの報道番組「Nightline」が富士康集団(Foxconn)中国工場内部に「初潜入した!」と盛んに宣伝していた番組が21日放映になったので、下に訳しておきますね。

ABC取材班はこの日、公正労働協会(FLA:Fair Labor Association)の査察の人たちと一緒に工場内を見て回り、働く人と握手したり、カウンセラーやエグゼクティブの話に熱心に耳を傾けました。やや上辺だけって気もしますが、どうかな...。


(訳はじまり)

ここがFoxconn。インテル、任天堂、デルなど、多くの企業のトップシークレットのプロジェクトを手がける現場です。

どんな国のどんな記者もここから先は入室禁止。入るのはこれが初めてです(リポーター。核視察のような重装備)

この製造ラインが(工場内のライン)
世界を変える(アップル発売日のライン=行列)

工場内ではみんな本当に若い。取材班が聞いたら13歳という回答はなかったけど、17歳、18歳...誰も30歳より上には見えません(訳註:査察が入る前に就労年齢前の子を隠した、という未確認情報もあります)

作業は手作業、また手作業。
iPad1台つくるのに5日で325の手作業をこなします。

記者「作業中は何を考えてるんですか?」
工員(2人の子を抱える母親)「疲れたなー休みたいなあ、ってことですね」

12時間シフトの途中、昼休みが2時間。そこで食事を摂ります。一食70セント。早く食べた人は昼寝ができます。

この自殺予防の網は2010年春、3ヶ月で9人飛び降り自殺者が出たときに設営されたものです。社員の数が膨大なので目立ちますが、実際にはFoxconnの自殺率は中国全国平均より低いんですよ。
 


幹部「最初は数人でした。5、6人出た辺りからキャスタエフェクトで広まってしまった」

幹部の話によると、アップルの当時No.2のティム・クックが心理学の専門家チーム編成を手伝い、そのチームがネットを設営したんだそうです。

記者「(自殺の)原因はなんだと思いますか?」
カウンセラー「もちろん経営の問題もあるんでしょうけど、それ以上に地方のマイクロワーカーの世代が抱える心の問題が大きいと思います」

工場では初めて外部の査察を受け入れました(公正労働協会[FLA]の人たち登場、握手)。

さらに社員30万人の誰でもiPadで無記名で苦情を投稿できるようにしました。苦情はニュージーランドのサーバーに送られます。

月曜朝、Foxconn採用センター前。3000人を超える採用希望者が並んで待っています。3時間待ちでも、アップル最大のサプライヤーで働きたい一心で並んでいるんですね。

3日の研修(チーム・ビルディングと呼んでいる)が終わると、工場のラインにつきます。

新人の多くは寮に引越します。こんな風に他の7人と相部屋です。

ラインの誰に話を聞いてもいいとアップルに勧められていたので、さっそく話を聞いてみました。


(訳おわり)


残りの映像は割愛してますけど、まあ、Foxconnの製造規模がなにしろスゴい(確かにスゴい)という話が長かった...製造の統計・数値に一番時間使ってました。昼ごはんが社員の自腹というのは知らなかったし、iPhoneは作るのに手作業の工程が141ステップあるとか、面白いところもありましたけどね。Foxconnの生産規模が凄まじいのは今さら聞かなくても...ですよね。

潜入するなら社員の頭と心の中にまで潜入して欲しかった気がします。難しいけど。疲れた、休みたい、もっと給料が欲しい、という声も拾ってましたけど、アップル製品が文字通り全部、手作業で組み立てられていて、それが起きてる時間のほとんどを占めているという事実が提示されながら、それが人に与える影響が見えてこないというか...。

来る日も来る日も朝から晩までアップルのロゴの縁を整える仕事で外に出る時間もない人なんて、どんな心境なんでしょうね...昼食後、作業場の片隅で寸暇を惜しんで眠りこける姿になんとなくそれは出てるような気がしますけど、それもFoxconn幹部の口にかかると疲れて寝てるんじゃなく、食後寝るのは中国の食習慣ってことになっちゃってるし! そ、そうなのかな...。

働く人たちの顔が見れるし、問題提起の内容も外れてないので、一見の価値はありますけど、ここに映ってる人たちが本当にどういう扱いを受けてるかはこれ見るだけでは分からないような気もしますよね...。FLAプレジデントAuret van Heerden氏も査察中にFoxconnがTVの取材を入れることはもうわかってたよってポロッと話してますし(この査察の予算はアップルもち)。彼らが颯爽と見て回る周りでは、ガラスのような目をして工員さんたちがiPadの部品をピンセットでつまんでいきます、延々と果てしなく。取材というより視察、なんかそんな気がしちゃいました。


関連:
34時間働けますか? 従業員自殺が止まらないFoxconn、地獄の勤務体制が判明!
地獄のFoxconn潜入28日間(ギャラリーあり)
Foxconnの工場を撮影していたロイターの記者、警備員に蹴られる

【深セン報告】独占撮影! Foxconnの中の生活
【深セン報告】独占撮影! あなたのiPhoneを作った労働者が夜眠る場所


SAM BIDDLE AND MICHAEL HESSION(原文/satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B004V33HRK


remote-buy-jp2._V45733929.jpg