Google Street Viewが水の中へ「Seaview」世界最大のサンゴ礁地グレート・バリア・リーフを撮影

2012.02.24 14:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20120223googlestreetviewgreatbarriereef.jpg


いつかいつかと待っていた人もいるのでは。

世界最大のサンゴ礁エリア、オーストラリアのグレート・バリア・リーフをまさかパソコン越しに見る日が来るとは。Googleとクイーンズランド大学、Caitlin Groupがタッグを組んだThe Catlin Seaview Surveyプロジェクトが水中世界を撮影。

浅瀬では水中スクーターに、水深30から100メートル地点ではロボット潜水艦に360度撮影のカメラを取り付けてその姿を収めていきます。水中での360度パノラマ画像は必見! プロジェクトチームはこれによって、イタチザメやウミガメ、マンタ等が地球温暖化によってどのような影響を受けているかも研究することができればと期待をよせています。

科学的研究と一般ユーザーへの公開の2つの目的を持つ本プロジェクト。すでにいくつかの画像や動画を見ることができます。9月の正式スタート後は500点を超えるパノラマ画像や動画視聴が可能になるそうですよ。

Street Viewは地上の道だけとは限りません。道なき道も進む道です


[University of Queensland via New Scientist]
Image: Caitlin Seaview Survey

そうこ(ANDREW TARANTOLA 米版
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4048704478


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア