噂のiPad 3のRetinaディスプレイってどんだけ解像度高いの? 比較してみました

20120210_ipad3.jpg

もうすぐ発売されるというiPad 3。iPad 3の目玉のひとつであるスクリーンは、ついに「待ってました!」なRetinaディスプレイになる可能性が濃厚です。

でもiPad 3がRetinaディスプレイになるってなんだか凄そうだけど、実際に見るまではどれだけ美麗で精細なのか想像つかないですよね。

というわけで、これまで登場してきたiOSデバイスの解像度とiPad 3の推定解像度を比較してみたのが上の画像です。

これまでのiOSデバイスの解像度と比較して見るとiPad 3の2048ピクセル×1536ピクセルのスクリーンは圧倒的すぎます。初代iPadとiPad 2の1024×768ピクセルの解像度からほぼ2倍ですもん。でもスクリーンサイズは9.7インチのまま。もう、どれだけ解像度高いのかと! 既存の動画コンテンツやアプリとか、iPad 3の解像度に耐えられるのかしら!? 

iPhone 4にRetinaディスプレイが導入され、前代のiPhone 3GSから2倍の解像度になった時にはその画面の美しさに興奮したものです。

ああ早くiPad 3を実際に手にとって見てみたい! 噂では、iPad 3は3月第一週に発表されるそうです。

[Clkoerner]

mayumine(米版