ティルトシフトレンズ自作方法:シャワーヘッドとゴム手袋をご用意ください。

ティルトシフトレンズ自作方法:シャワーヘッドとゴム手袋をご用意ください。 1

たしかに、このレンズにはさまった網目、ゴム手袋ですね。

ティルトシフト写真、普通の風景もミニチュアみたいになって、面白いですよね。専用レンズやソフトを使ったり、それ用のカメラを買っちゃったり、やり方はいろいろあります。でもチャレンジ好きな方なら、ティルトシフトレンズの自作に挑戦してみてはいかがでしょうか?

カメラ周りのDIYサイトDo-It-Yourself Photographyで、Maciej Pietuszynskiさんがなんとシャワーヘッドゴム手袋を使ったティルトシフトレンズのDIY方法を教えてくれています。これからお風呂掃除でも始めるのかというセッティングですが、もちろんレンズも必要で、Pietuszynskiさんは50mm F1.8のレンズを使われてます。どんな風に作っていくんでしょうか?

 

ティルトシフトレンズ自作方法:シャワーヘッドとゴム手袋をご用意ください。 2

まずシャワーヘッドの先端部分を切り離して、図の右下にあるように、付け根の丸っぽい部分だけを使うんですね。そして...

50mmレンズのレンズとバヨネット(カメラ本体との接合部分)を切り離し、シャワーヘッドのパーツを丈夫なゴム手袋で安定させる形のティルトシフト機構とくっつけました。(略)

昔ながらの50mmレンズの仕組みは最近のものよりずっと深いので、もし実際この方法を試してみる場合、レンズとミラーの距離は慎重にセットしましょう。

ティルトシフトレンズ自作方法:シャワーヘッドとゴム手袋をご用意ください。 3

これでどんな写真が撮れるかって、こんな感じです!

ティルトシフトレンズ自作方法:シャワーヘッドとゴム手袋をご用意ください。 4

これ以外にも、PietuszynskiさんがFlickrのギャラリーで公開されてます。

レンズを切ってしまうのがかなりドキドキですが、撮る楽しみも大きくなりそうですね!

[DIYP via MAKE]

Jamie Condliffe(原文/miho)