お豆さんがヘルメットの衝撃クッション役になる。

お豆さんがヘルメットの衝撃クッション役になる。 1

ビーンズバッグクッションと同じだそうで。

変幻自在でなかなか座り心地抱き心地がいいビーンズバッグクッション。お値段もお手頃で持っている人も多いのでは。あれをヘルメットの中にいれて衝撃を吸収する働きをさせるという新アイディアが生まれました。ヘルメットにはもちろん衝撃吸収のためのフォームがはいっているわけですが、あれをお豆にしようという試み。

Vaco12が開発するヘルメットは、お豆のはいったポリプロピレンのビーズを12個配置することで、衝撃が伝わる時に効率的にそのエネルギーを吸収・拡散させ弱めていきます。ビーズからビーズ、そしてビーズ内のお豆からお豆に衝撃が伝わるたびに拡散されるわけですね。このビーズが多ければ多いほど効果的で、スキー用の高額なヘルメットなんかは小さなビーズが4000万個もはいっているものもあるそうです。

Vaco12の開発するヘルメットの利点は衝撃吸収だけでなく、どんな人の頭にもなじむというポイントもあります。ほら、ビーンズバッグクッションっていろいろな形になって、ごろーんとした時しっくり体に馴染みますよね。アレです、あの効果ですよ。

[Vaco12 & Amplid via Gizmag]

そうこ(ANDREW LISZEWSKI 米版