小鳥にしか見えない高性能な偵察ロボが完成間近!

小鳥にしか見えない高性能な偵察ロボが完成間近! 1

本当にウカウカできない時代になってきました...

アメリカ空軍研究所(AFRL)が夢見る超小型無人飛行機「MAV」は、まだあくまでもコンセプト段階に過ぎないのかと思いきや、実はすでに小鳥偵察ロボの完成が間近に迫っていることが判明しましたよ。

AeroVironmentが開発を進めるNano Air Vehicle(NAV)なる偵察ロボットは、遠目にはハチドリにしか見えないようなデザイン設計となっており、わずか体長10cmのカラフルな小鳥が空を飛んでいるだけに思えます。でも、本当ははるか上空を飛ぶコントロールセンターの飛行機内へとリアルタイムに偵察映像を送り届ける、まぎれもないスパイロボに仕上がっているんですよね!

すでにNAVは、米国防高等研究計画局(DARPA)によるフェーズ2の選考技術レベルをクリアーしており、かなり気象条件の悪いエリアにでも展開可能な完成度を備えているようです。まぁ、アジアにはハチドリは生息していないので、こんなのが飛んできたら怪しいなって気づかれちゃうかもしれませんけど、もしスズメの偵察ロボなんかだったら、うまく気づかれずにスパイ活動を続けられてしまうかもしれませんね~

UnCrate via Ubergizmo

Andrew Tarantola(米版/湯木進悟)