米国スパイ衛星が撮った旧ソ連の衛星写真、一挙公開

米国スパイ衛星が撮った旧ソ連の衛星写真、一挙公開 1

当時、ここまで見えていたんです。

数十年前に米国の偵察衛星から撮影されたソ連の画像がこのたび公開されました。偵察衛星「KH-9 ヘキサゴン」が、ソ連のロケットや航空母艦、極秘軍事施設などの姿を、はるか軌道上から捉えていたのです。

「KH-9 ヘキサゴン」の本体は昨年9月に公開され、米Gizmodo編集部も実物を見に行っていました(米Gizmodo版記事はこちら)。でも、その衛星が撮影した画像を見るのは今回が初めてです。

以下の画像をクリックすると、旧ソ連のチュラタムにあるバイコヌール宇宙基地、映画『レッド・オクトーバーを追え!』にも登場するタイフーン型原子力潜水艦、ケモロボの弾薬填薬・爆薬プラント、ムィコラーイウでの航空母艦建設クビンカ飛行場、当時のモスクワ市キエフ級航空母艦、シンフェロポリの深宇宙追跡アンテナ、そして当時の米国ワシントンDCの拡大画像が見られます。

120203_hexagong1120203_hexagong2120203_hexagong2_1120203_hexagong3120203_hexagong4120203_hexagong5120203_hexagong7120203_hexagong8120203_hexagong8_1120203_hexagong9120203_hexagong11120203_hexagong13_1120203_hexagong15_1120203_hexagong17

1971年以降、KH-9 ヘキサゴンはタイタンIIIロケットで宇宙に打ち上げられ、ソ連国内のさまざまな場所を大量に撮影しました。そこで使われた巨大なカメラは焦点距離は77インチ(約2m弱)、口径は10インチ(25.4cm)があり、地上の2~3フィート(約60~90cm)までを詳細に捉えられる性能がありました。

撮影された写真のネガは着陸機に乗せて発射され、それをスパイ航空機が虫取り網のような感じでキャッチしていました。

米国国家偵察局は画像を公開しましたが、宇宙関連の言論サイト「The Space Review」のドウェイン・デイ氏は次のように指摘しています。「これらの画像が、質を下げたものになっているのは間違いありません。なぜなら(略)ヘキサゴンの画像処理能力の限界は、今でも極秘扱いなのです。」

冷戦時代の技術でここまで撮れていたことも驚きでしたが、もっと詳細なものがまだ隠されているかもしれないのです。だとすると、現代の技術では一体どこまで見えているのか...想像すると怖い気もします。

SAM BIDDLE(原文/miho)