氷河泥棒、捕まる

氷河泥棒、捕まる 1

5トンの氷河を盗んだ...だと?

アメリカにて、カクテルのオシャレ氷用に大量の氷河を盗んで売ろうとした、パタゴニア在住の男が逮捕されました。

でも、ところで、なんで、どうやって、氷河とか盗むわけ?

ガーディアン紙によると、この男は5200キロもの氷河の氷を窃盗、現行犯ではなく氷を運ぶ冷凍車が警察に見つかってしまったのだそうです。地元によると、この氷河の氷は3900英ポンド(約47万円)もの価値があったそうです。(どんな計算でそんな価値になるのかはよくわかりませんが...)

この氷河の氷はチリのサンティアゴにある高級バーに運ばれている最中でした。窃盗罪だけではなく、当局は、山の自然破壊の罪を問うかどうか検討しているとこのこと。ただの「氷」のために、随分な罪を犯しちゃいましたね。

残念ながらどうやって氷を切り出したかは定かではありませんが、警察が見つけた時点で大きな塊ではなかったようなので、チェーンソーか何かが使われたんじゃないかなあと思います。

[The Guardian; Image: Tyler Corder]

mayumine(JAMIE CONDLIFFE/原文