最古の生き物...これが私たちのご先祖様なのね...

最古の生き物...これが私たちのご先祖様なのね... 1

なんかご先祖様、道ばたに落ちてカピッカピに乾燥してる犬のう○こみたいじゃ...な...い...? 嘘です! ご先祖様に何てことを!

科学者曰く、上の画像のこれが最古の生き物。これが全ての始まり。最初の多細胞生物。ここから魚、鳥、人間と何十億年もかけて進化してきたのです。最古の生き物の名前はオタビア・アンティクア7億6000千万年前に誕生。このチューブのような小さな体で波のない穏やかな水辺で生活し、藻やバクテリアを食べて生きていました。オタビアはスポンジの仲間。砂粒ほどの大きさのスポンジ。ヒト科の生物の研究で名を知られた古生物学者である、スコットランドはセント・アンドルーズ大学のBob Brain博士が、ナミビアのエトーシャ国立公園の岩の中から数百ものオタビアの化石を発見。これが大きな大発見となりました。

オタビアは非常に元気な生き物だったようで、研究員がSouth African Journal of Scienceに発表したデータによると、氷河期を2度ほど経験し生き延びたと言われています。地球全体が氷で覆われる時代を辛抱強く2億年ほど耐えぬいたことになります。Brain博士は、オタビアは最古の生き物であるだけではなく、地球上で最初の捕食生物であった可能性もあると語ります。つまり、当時は食物連鎖の最高峰に君臨していたわけです。「オタビアは地球を支配するよう人間を導いた」とまでBrain博士に言わしめています。

なんだか地味な見た目のようですが、すごいんだなオタビア。

[South African Journal of Science and The Star via National Geographic]

そうこ(JESUS DIAZ 米版