アインシュタインは、実は小さい頃から成績優秀だった!?

アインシュタインは、実は小さい頃から成績優秀だった!? 1

ありゃりゃ、そうだったのぉ?

アインシュタインといえば、天才だけど学校の成績はイマイチだったって言い伝えられているけれど、実はそれとは正反対だったらしいんです。

コチラ、大学入学許可のために彼が提出した資格証明書なんですけど、かなり成績優秀

アインシュタインは1885年から学校に通い始めたんですが、その時彼は6歳でした。その頃に、彼の母が妹宛てに出した手紙に、アインシュタインの成績が優秀だったことが分かる内容がつづられていたんです。

「昨日、アルバートの成績表を受け取ったけど、また一番だったの。通信簿も素晴らしいものだったわ。」 

ただ、アインシュタインは教師たちとの関係が上手くいっていなかったことは確かなようです。例えば彼が学校に通い始める前の5歳の時、家庭教師のやり方が気に入らないと家庭教師に向かって椅子を投げ付けたりしたそうです...。

また、転校した際には、権威主義的な先生のスタイルに我慢できず、反抗的な態度をとっていたそうです。恐らく、この事で不愉快に思った教師達の言葉から、アインシュタインが劣等生だったという風評がうまれたんじゃないかという説もあるそうです。

また、先生への反攻心から勉強に身が入らなかったのか? 単純に苦手だったのか? アインシュタインは、歴史と地理の成績が悪くてチューリッヒにあるSwiss Polytechnicに入学することが出来なかった事もあったそうです。 その後、1895年の10月からスイスの新しい学校で学び、殆どの科目で6を取るという優秀な成績になりました。 フランス語は苦手だったみたいで3だったみたいですけどね。 

天才アインシュタインも、当たり前かもですけど苦手科目があったり、それをちゃんと勉強して克服してたりしていたんだなぁって思うとなんか、ホっとしませんか?  

[Einstein Website--Thanks Edu!]

-Jesus Diaz(原文/junjun)