背景の余計な人・物が面白いように消せる!  罪悪感さえ覚えるカメラ新技術「Remove」(動画)


    彼女だけ撮りたいのに通行人が途切れない...邪魔...頼むから消えて...ポチッ...

    ...え? ...消えた! ひとり、またひとりと面白いように消えていきます! 

    これはスカラド(Scalado)というスウェーデンの会社が考えたカメラの新技術「Remove」です。

    スカラドのRemoveを使えば被写体の後ろにどんな変な人・物体が乱入しようと大丈夫。撮ってからいくらでも消せます。これなら、どんな雑踏の中でもまるでずっとそこで独りたそがれていたかのような写真が撮れますね。

    こういうのって触ってみたら今ひとつってこと多いので、スカラド(Scalado)のMWCの発表で実働シーン見ないとなんとも言えませんけど、Removeの技術はなるほど納得で、写真撮るときアプリの方で何枚か連写して、欠けた背景を埋めてくれるんですね。アドビのフォトショップの塗りつぶしとは、ちょっと違います。

    今んとこApp Storeでアプリとして売り出すってよりはOEM狙いみたいだけど、こーれはどのカメラメーカーさんも欲しがるんじゃないかな。この動画のまま動けばの話だけど。

    [Scalado via Engadget]

    CASEY CHAN(原文/satomi)