【シューティングチャレンジ:第2回】みなさんの作品を募集します。長時間露光で時の流れを撮影しよう!(追記あり)

【シューティングチャレンジ:第2回】みなさんの作品を募集します。長時間露光で時の流れを撮影しよう!(追記あり) 1

写真好きが集まるコーナーにしたい!

第1回が好評だったのでどんどん続けます! 米GizのShooting Challengeに追いつけ追い越せのギズモード・ジャパンのシューティングチャレンジ。

カメラが写真に収めることができるのは「パシャリ」の一瞬だけではありません。そこで、第2回のテーマは「長時間露光で時の流れを撮る」です。ロングエクスポージャーってやつですね。

写真を撮影する時の鍵となる2大要素、それは光を操る「シャッタースピード」と「絞り」です。今回はシャッタースピードにフォーカスしたチャレンジ。長時間露光で、この世の中に流れる時間を写真に収めてください。星の流れでも、車の動きでも、人の歩みでもなんでもけっこうです。止めることができない時間の流れを1部分きりとってくださいませ。以前ご紹介したこの記事の写真なんて、まさに絶品長時間露光です。

ざっくり「長時間露光」で「時の流れ」だけがテーマなので、後はあなたのアイディアしだいです。「あぁ、時は流れ移り変わるわ...」と思わせる1枚、欲しいのはこれだ!

応募締め切りは2012年3月4日(日)23時59分59秒です。ギズ編集部とライターが独断と偏見で優勝&入賞を選び、ここギズモードで14日に写真を掲載して発表いたします!

応募方法は以下の通りです。

【応募方法】

■ テーマ:長時間露光で時の流れを撮る

■ 締め切り:2012年3月4日(日)23時59分59秒

■「contests@gizmodo.jp」まで横幅を1024ピクセルにリサイズしたJPG元の写真まんまのJPG(元のサイズ)を送ってくださいね

写真と一緒に「お名前」、「作品のタイトル」、「コメント」も添えてください。コメントには撮影状況や撮影方法(露光時間・F値・ISO等)、機材、撮影したときのエピソード等をお願いします。今回は露出時間の記入必須です!

※ 今回は、写真編集不可!RAWファイルの現像は可

※ 今回は、カメラの種類は問いません。一眼レフ、コンデジ、スマートフォン等の携帯電話のカメラ等、長時間露出が可能なカメラならば、どんなカメラで撮影してもらっても結構です。

カメラは動かさないでくださいね。(パンショットのように、被写体の動きにあわせてカメラを動かさないでください。)

さぁ、どんな「時」が送られてくるのでしょうか。楽しみだーい!

(そうこ)