アップルのバグで他人のiPhone丸見えです

アップルのバグで他人のiPhone丸見えです 1

あれ? この御方のiPhoneで送受信されてるiMessageがなぜかギズに丸見え...仕事もセックスライフも住所も全部詳しくわかってしまいました。アップルさん、これは早く直した方がいいんじゃないでしょうか...?

話は単純です。ある男の子のiPhone 4が調子悪くなったので、ママ(ギズのお友だち)がアップルストアで修理してもらったんですね、子どもが学校行ってる間に。そう、学校。大学とか院とかじゃなく、18歳未満が通う学校です。で、修理終わって戻ってきたら携帯の調子はバッチリだったのだけど、ど~したわけかこの見知らぬ男性ウィズ(Wiz)さんの私生活がダラダラ垂れ流しのポータル状態になっていたのです!

携帯を何度リセットしてもダメ。

自分の情報を入れてもダメ。

Wizさんが送受信するiMessageは片っ端から子どもの携帯に流れてきます。まるで他人様の携帯を自分の携帯と勘違いしてるみたいに。

しかも流れてくるiMessageというのが...とても未成年には見せられない内容なんですよ(原文でいくつか載せたら非難殺到なので転載はやめておきますけど...)。

 

iMessageが他人のiPhone画面に出ちゃう問題は前々からあって、米ギズでも12月に取り上げています。あの時は「盗まれたiPhoneの通話止めてリモートワイプしてApple ID変更して新しいiPhoneに電話番号移植してからも、新しいiPhoneと盗まれたiPhoneにiMessageが同時に送られてしまう(泥棒や転売先に個人情報が筒抜けになる)」という問題でした。

今回起こってるのはあれとはちょっと違います。覗きたくもない相手のプライバシーを覗かさせられる、しかも覗かれてる本人にその自覚が全くないという問題なんですね。一日中どんなつまらないことでも送ってくるのでその露出たるや...! 地味なバグだけど、これって結構大きな問題かも。

いやホントにホント、ずいぶん詳しくなっちゃいましたよ。

毎日何気に送ってるけどテキストって思ってる以上にプライバシー出ちゃうものなのね。その気になれば、このバグで知り得た情報だけで十分ストーキングも脅迫もできます。チャットのゴミみたいな情報拾ってちょこっとグーグル検索しただけで、ウィズ(Wiz)さんの自宅住所もFacebookのプロフィールもメールアドレスも友だちの個人情報も、どこで運動して、どのアップルストアで働いてるかも...わかってしまいました。

そうなんですよ、このアップルのバグ被害にあってる男性、実は修理したアップルストアの社員だったんです!

たぶん推測ですがウィズ(Wiz)さんは修理の時(復元時?)に自分のSIMカードを入れたんでしょうね。それで知らぬ間に情報が筒抜けになっちゃった...。

iMessagesは、Gmailみたいにサインインして使うんじゃなく、SIMカードから電話番号を読み出す仕組みなので、Ars Technicaが1ヶ月前に詳しく報じたように「コンフィギュアしてからSIMを抜き取っても、古い電話番号が携帯本体かAppleのサーバーに携帯のUDIDと一緒に記録されてしまう」( iOSセキュリティエキスパートのジョナサン・デュズィアースキさん)んですね~はい~。

Appleがこの問題に気づいてないということはないはず。

盗難時の当事者同士の問題なら対処後回しで仕方ない面もあるけど、今回の場合、誰も悪いことはしていません。紛失でも盗難でもないし、酔っ払ってログインしたのでもない。いつものようにジーニアスバーに行って直してもらったら知らぬ間に盗み聞きの人になっていた、ということで、いわば全員が被害者です。

早急に直してもらえると良いのですが...。

SAM BIDDLE(原文/satomi)