Foxconnで働くiPad製造にたずさわる女性、初めてiPadを見る(動画)

自分が作っているものが何かわからない、それが現状。

CNNがFoxconnで働く女性チェンさん(仮名)にインタビューしました。チェンさんはFoxconnの工場でiPadのスクリーンを取り付ける仕事をしています。Foxconnでは就職時にインタビュー等に答えてはいけないというルールが告げられており、もしそれを破れば即刻解雇になります。顔と名前を隠してインタビューにでるチェンさんは、Foxconnの現状についてこう語りました。「女性は男性のように、男性は機械のように扱われます。別の言い方をすれば、女性は男性のように、男性はまるで動物のように扱われています。」

今回のインタビューで初めてiPadを目にしたチェンさん。自分が作っているものが何なのか、その完成品を今まで見ることも知らされることもなく、週に60時間以上も毎日毎日スクリーンをiPadに取り付けている生活。iPadに初めて触れたチェンさんは「いいですね。私もいつかお金が貯まれば欲しいな。」と話します。

愛すべきガジェットの裏にある生活。ガジェットの表と裏の世界はこうも違うのだ。

[CNN via 9to5Mac]

そうこ(SAM BIDDLE 米版