シベリアの村に200kgのチタン塊が落下! 起源まったく不明(動画)

シベリアの村に200kgのチタン塊が落下! 起源まったく不明(動画) 1

ロシア連邦宇宙局もNASAも「うちの衛星・ロケット・宇宙船のものではない」と否定中...まさか北朝鮮がオバマ狙ったらシベリアに落ちたとかじゃないですよね...

シベリアの村で18日、重量200kg(440ポンド)の正体不明のチタン塊が発見され、ロシア連邦宇宙局が現場から回収し起源の割り出しを急いでいます。

この謎の物体は円筒で上にドームがついてるR2D2みたいな形状。Otradnesnkyという小さな村の付近の森に落ちていました。地元記者たちは、どうせまた通信衛星「メリディアン(Meridian)」か弾道ミサイルの残骸じゃないの?...と言ってるんですが、ロシア連邦宇宙局はそうじゃないって言ってますよ。

精査が終わるまで最終的結論は出せないが、この物体はロケットや宇宙船のものではない。

因みに物体内部・周辺から放射能は検出されませんでした。

NASAもロシア宇宙局と一緒の見方で、NASA軌道デブリ局ニック・ジョンソン(Nick Johnson)局長はこう話しています。

この物体はほぼ100%、宇宙船とは無関係だ。発射装置の一部が軌道から落下した風にも見えない。ただし、もっと良く映っている写真や他のデータを検分しないことには判断も最終ではないが。例えば、物体落下日も極めて重要な情報なのだが、それに対する言及もないようだ(出ているのは発見日だけ)。

 

 

この村人たちが妙な落下物を発見するのは今回が初めてではなく、「2年前にも似た物体が発見され、その時には中に熊が棲んでいた」とRussia Todayは伝えています。宇宙熊

軍部の実験失敗の跡で、必ずしも宇宙とは関係ないもかもしれませんね...これだけ巨大なチタン塊、それもこんな精度を極めた細工のもの、そうそう滅多にお目にかかれるものじゃないです。宇宙船じゃないなら...秘密兵器? 

[RT and Life's Little Mysteries]

JESUS DIAZ(原文/satomi)