振込詐欺対策に決定打か!? 90%以上の精度で騙されている状態が分かる技術が登場

振込詐欺対策に決定打か!? 90%以上の精度で騙されている状態が分かる技術が登場 1

名古屋大学富士通の共同研究の成果として、電話の会話から通話相手を過信している状態(相手の説明している内容をほとんど判断せずに鵜呑みにしているような状態)を自動的に検出できる技術の開発に成功したことを発表しました。

上の図はこの技術を応用したらこんなことができるかも...的な内容ですが、実際の技術は以下のような感じだそうですよ。

振込詐欺対策に決定打か!? 90%以上の精度で騙されている状態が分かる技術が登場 2

人間の認知や判断の能力には限界があるそうで、自分にとって好ましくない情報などを過剰に与えられると、気が付かないうちに情報の内容を考えたり判断したりする能力が低下するそうです。そのような状態を過信と呼びます。

通話している相手からの好ましくない情報で心理的抑圧を受けた場合に、過信の状態になることがあるそうです。この時に、上図のような声の高さと大きさの変化を検出することで、過信の状態になっていることを推定する技術を開発したそうです。

→今回開発されたこの技術を振り込め詐欺誘引通話の検出実験で検証したところ、90%以上の精度で過信の状態を検出できたそうです。

どの位の件数で検証したのかは分かりませんでしたが、90%以上というのは、なかなかスゴイ精度ですよね。名古屋大学と富士通では、警察大学校名古屋銀行などとも協力して、更なる実証実験を進めるそうです。

この技術を応用したスマホのアプリが開発されたら、らくらくフォンのスマホ版などにプリインストールされる可能性が高いんじゃないかなと思いました。いずれにしても、この技術を応用した振込詐欺対策アプリが完成したら、遠方に住んでいる両親やご年配の親戚などに、あらかじめインストールしておくことで、もしもの時も何とかすることができるようになるかも、知れません。早く実用化して欲しいですね。

世界初!過信状態を声の高さと大きさを基に検出する技術を開発[富士通]

(KENTA)