FirefoxもOSに! モジラが独自開発したオープンソースOSの格安スマホが年内に発売...

120306mozillatelefonica.jpg

Firefoxファンの皆さま、お待たせいたしました!

そんな威勢のいい掛け声で、年内にもMozillaが開発を進める新しいモバイルOS「Open Web Devices」のプラットフォームにてスマートフォンが発売されるみたいですよ。なんでもOS全体がHTML5ベースで構築されていて、これまでにMozillaがFirefoxの開発で培った技術資産を結集する魅惑のオープンソースな新モバイルプラットフォームとして普及させていく目標が打ち出されているんだとか。

すでに先月開催されたMobile World Congress(MWC)においては、これから実際にOpen Web Devicesを採用したデバイスの発売を目指すパートナーとして、スペインのTelefonica Digitalの名前なども正式に明らかにされ、Qualcommのチップセットを使って、新モデルが欧州から年内リリースされる予定が明らかにされていますよ。オープンなモバイルOSの強みを活かし、iPhoneの10分の1以下の値段で発売できる格安スマートフォンの実現に期待が高まっていますね...

ちなみにOpen Web Devicesは、Mozillaが昨年より進めてきた、LinuxベースのスマートフォンOSを開発する「Boot to Gecko」プロジェクトから誕生し、ブラウザー開発からプラットフォーム開発へと守備範囲を広げていく動きが本格化している感じです。グーグルも「Chrome OS」に力を入れてきてますし、こういう分野で今後は競争が激化していったりもするんでしょうかね~

Telefonica

Jamie Condliffe(米版/湯木進悟)