新しいiPad と初代マッキントッシュの解像度を比較してみた

新しいiPad と初代マッキントッシュの解像度を比較してみた 1

2012年の新しいiPad の2048 × 1536ピクセルのRetina ディスプレイと、1984年の初代マッキントッシュのモニターの解像度を比較したらどれだけ違うのでしょう。28年の間にどれだけアップルは進化してきたのか(スクリーン解像度的な意味で)興味深いですよね。

それを比較したのが上の画像です。距離感がおかしい...? と一瞬思ってしまいますが、iPad が巨人のようだ...そう、初代マッキントッシュに比べれば新しいiPadは巨人のような解像度なのです。

1984年に登場した最初のマッキントッシュは、512x342画素のモノクロの画面でした。175, 104ポイント、ピクセル解像度は72dpi。一方新しいiPad の9.7インチのスクリーンは314万画素。ピクセル解像度は264dpiで、3.66倍ですね。

 

さらに28年前のMacのアイコンサイズは16×16ピクセル、32バイトのメモリでしたが、今じゃiOSのアイコンサイズは512×512ピクセル(App Storeで求められるサイズ)にまでなりました。

新しいiPad と初代マッキントッシュの解像度を比較してみた 2

新しいiPad と初代マッキントッシュの解像度を比較してみた 3

初代マックのビデオメモリーの4倍の容量で、やっとiOSのアイコンをフルサイズで表示するのですよ。もちろん、iOSのアイコンはこのでかさでスクリーンに映し出されるわけでは無く、実際にiPad上では114×114に縮小されます。

今やとんでもない解像度を求められる時代になったのですね。

28年もの間に技術はここまで進化したんですねぇ...。

すごいなあ。ああ、新しい iPad 欲しいなあ。

mayumine(Jusas Diaz /米版